読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『恐竜はホタルを見たか』大場 裕一 (岩波科学ライブラリー16/5)を読む

サブタイトルは<発光生物が照らす進化の謎 >。
 発光生物は何故発生したのか、それはどう進化したのか、何故陸上に少なく、海洋中深層に多いのか。これらについて未だ解明されないことが多い。著者は不明なことは不明としつつ、ひたすら発光生物を探求する。
 不思議だなぁと感じることが科学の一歩だと思う。われらの地球は何と蠱惑的な謎を無数に孕んでいるのだろう。研究者の真実を追究する姿勢は素敵。(16/8)

岩波書店より
昆 虫,キノコ,魚など,地球上には数万種もの「光る生きもの」がいる.生物はいつ,どうやって光る能力を手に入れたのか.光を使った驚きの生存戦略とは.発 光のしくみを解明し,進化の道筋を巻き戻していくと,舞台は暗闇に満ちた太古の深海へ.生物が放つ光に魅せられた著者が,ダーウィンも悩んだ「進化の謎」 に挑む.[2色刷]
〈大場裕一〉1970年北海道生まれ。総合研究大学院大学博士課程修了。博士(理学)。名古屋大学大学院生命農学研究科助教を経て、中部大学応用生物学部准教授。著書に「ホタルの光は、なぞだらけ」など。
▶西島建男の読書日記
発光生物といえばホタルだろう。この表題を約1億年前の白亜紀に恐竜と原初哺乳類がホタルの光をみていたと、発光生物学の大場氏はいう。ホタルは原初哺乳類の好物だが、苦味の不味物質と毒物質をもち、光ることで警告して生き延びてきた。

大 場氏によると、ムカデやカタツムリなど多数の発光動物が地球に存在し、特に水深200m以上の深海に多い。隠れる場所のない浮遊生物は海面からの太陽光 で、自分の影が映し出され。捕食者に狙われやすい。腹側を青色に光らせ、シルエットを隠す「カウンターイルミネーション」で生き残る。

ノー ベル賞受賞の下村脩博士はクラデの発光に、「発光タンパク質」を見っけた。意外に発光の仕組みはわからない部分が多い。大場氏の独創は、「自力発光」と 「共生発光」があるといい、他生物から発光原料のルシフェリンをもらい、発光する「半自力発光」を重視していることだ。

オキアミが発光性の渦鞭毛藻をもらい、ウミボタル類からモライ、コペポーダから食べられて「セレンテラジン」を貰う。発光バクテリアは様々な魚と共生関係を結び、発光能力を与えたと大場氏はいう。

発 光バクテリと発光コペバークの進化が、発光二大発明だという。進化史上の要因がある。何故光るのか。ホタルのように雄雌の求婚や、敵の威嚇、餌を引き付け るなどさまざまであろう。暗闇の地球に誰が始めて光をつけたかを、進化論や遺伝子分析で解明していく面白い本である。